知っていると知らないでは大きな違い助成金

 

 

 

 

受給できる助成金が知りたい

どのようにすれば受給できるのかわからない

受給するには新たに就業規則を作らなければならない

受給するまでの手続きが面倒だ

手続きできる人員的余裕はない

 

 

 

助成金は要件を満たしていれば、だれでも受給できるものです。

しかし、要件が非常に細かく、かつ提出する書類も場合によっては膨大です。

総務と経理の複数業務を担当しては助成金手続をすることができるのは人員的に

余裕のある企業だと思われます。

 

 

助成金を受給するには最低でも以下の書類が必要です。

①労働条件通知書

②出勤簿

③賃金台帳

④就業規則

その他に、助成金によって提出する書類が異なります。

厚生労働省のHPには助成金の要件や必要書類が記載されています。

その記載通りに手続きを進めれば、助成金の受給は可能と思われます。

ただ、記載内容に理解できないところや、実態と少し乖離した場合

には、問い合わせ等が必要となる場合が多いと思われます。

 

 

受給できそうな助成金を診断します
助成金申請代行はプロである社会保険労務士しか申請代行できません
プロがコンサルしますので安心です
助成金は使途自由なでの使い勝手よいです
従業員の福利厚生の向上、機械等の購入費用としても使えます

 

 

助成金の原資は雇用保険料で運営されているため、従業員を1人でも

雇用していれば受給できる可能性があります。

原資が雇用保険のため、融資のように返済は不要です。

また、補助金と違って審査もないので、要件に合致していれば、

誰でも受給できます。

社会保険労務士は社会保険・労働保険のプロです。

プロに助成金のコンサルを依頼すれば安心です。

 

 

 

助成金申請代行の概要

・ヒヤリングを実施して受給できる可能性のある助成金を提案

・法定帳票の確認(必要に応じ帳票を提供します)

・就業規則の確認(必要に応じ作成または変更)

・着手金不要・顧問契約不要

 助成金額×30%+消費税

 

 

 

 

 

一般社団法人東京助成金相談センター

助成金総合コンサルタントとして最新の助成金の情報収集

に努めています。

 

ご相談に申し込まれた方には2021年助成金総合提案書を無料プレゼント

札幌市中央区、北区、東区、西区、手稲区、白石区、

のお客様限定とさせて頂きます。

 

 

Q&A

Q:助成金はどのような企業が受給できますか?

A:社会保険に加入している従業員が1人でもいれば受給する可能性はあります。

Q:助成金は何に使ってもいいのですか?

A:一部の助成金を除き資金使途は自由です。

Q:申請書類を偽装した場合どのような罪になるのですか?

A:詐欺罪が適用され、実刑判決を受ける可能性もあります。

 

 

 

何度も繰り返しますが、助成金運営の原資は雇用保険料です。

雇用保険料を負担してい企業様は助成金を活用して、

自社の発展のために是非とも助成金を活用して頂きたと思います。

助成金は煩雑な事務手続きが発生し、申請をあきらめる企業様が

多いのが実態です。あきらめる前にご相談下さい。

 

・法定帳票のひな形も提供

・就業規則は必要に応じて改定、作成

・着手金なし、顧問契約なし

 助成金入金金額×30%+消費税

 

 

 

Copyright© さとう経営労務管理事務所 , 2021 All Rights Reserved.